頻尿 対策

頻尿であなたは悩んでいませんか?【頻尿-女性の頻尿お悩み解消!】

頻尿


頻尿は主に何らかの病気が原因で発生する場合と、精神的なことが原因で発生する場合が考えられます。

まず病気が原因として頻尿が起こる場合は、その病気そのものを治療、改善することが先決です。そして頻尿の再発防止として、その病気にならないように気をつけることが大切です。

明らかな病気とまではいかなくても、腎臓の機能が低下している場合、膀胱に尿を溜めておけなくなり、その結果として頻尿の症状であるトイレが近くなるという現象を引き起こします。

このように、日常のストレスからくる疲労や不規則な生活リズムが引き金となって、腎機能が衰えやすくなるので、対策としては健康的で規則正しい生活スタイルを常に心がけていきましょう。そうすれば頻尿の症状は改善されてきます。


また、精神的な原因による頻尿は、自分なりのストレス発散法を行うことが必要です。

特に女性の場合の頻尿はストレスからくる便秘や身体の冷えも関係しているようです。

腰や下半身が冷えてくると、膀胱を刺激して尿意を催しやすくなります。身体の冷えやすい人は、夏場でも冷たい飲み物や食事などをとり過ぎないようにしましょう。また冷房の温度設定にも気をつけるなど、身体を冷やさないようにするための工夫が頻尿対策につながります。

さらに、高齢者の方の場合は運動不足が頻尿を引き起こしているケースも多く見受けられます。

運動不足ですと、膀胱を支える骨盤底筋が衰え膀胱をしっかり支える事が難しくなります。

したがって中高年の頃から日常的に運動を心掛けることが大切です。適度に身体を動かせば、頻尿対策だけでなく健康管理にもつながります。

頻尿が心配の方は、まず泌尿器科の医師に相談する、もしくは診断してもらいましょう。




頻尿-女性の頻尿お悩み解消!

頻尿の原因

頻尿の原因とは何か?【頻尿-女性の頻尿お悩み解消!】

頻尿


頻尿の原因はいくつか考えられますが、膀胱への刺激による頻尿として代表的な疾患は、急性膀胱炎です。この病気は女性の尿道が2、3センチしかないという理由で、ほとんど女性に発症し膀胱の細菌感染が原因で排尿痛を伴います。

その他には膀胱結石、膀胱腫瘍、尿管下端結石等があります。次に残尿があるための頻尿として代表的な疾患は、前立腺肥大症があります。前立腺は尿道の奥、膀胱の出口にあり、加齢とともに肥大し尿の通り道を圧迫して尿が出にくくなります。

膀胱容量の減少による頻尿として妊娠があります。膀胱が圧迫され頻尿が起こります。また、膀胱結石による萎縮膀胱等があります。
 
膀胱は蓄尿と排尿の2つの作用をもっていますが、これらの排尿中枢あるいは神経路障害(脳梗塞、脳出血)によっても頻尿が起こってきます。
 
その他、尿量の増加(多尿)による頻尿があります。尿量は食事・水分の摂取量、発汗、下痢などによって増減しますが、1日尿量は1000〜2000ccであり、毎日の尿量が2000cc以上であれば膀胱容量が正常であっても当然頻尿となります。原因疾患としては糖尿病があります。 

また、神経因性頻尿といって、尿路になんら異常がないのに頻尿がみられることがあります。小児では、家庭生活、学校などによる環境の変化。成人の場合は就職、結婚あるいは仕事に対する不安や人間関係によるストレスや緊張などが原因とされています。
 


頻尿-女性の頻尿お悩み解消!

女性と頻尿

女性と頻尿の関係・・・【頻尿-女性の頻尿お悩み解消!】

頻尿・女性


女性の頻尿のいくつかある理由の1つとして考えられるのが、婦人系の病気です。婦人系の病気とは、子宮筋腫や卵巣腫瘍など、女性特有の器官で起こる病気です。子宮筋腫や卵巣腫瘍は、下腹部に腫瘍ができる病気です。

腫瘍が大きくなっていくと、膀胱を圧迫するようになります。そのため、まだ尿意を感じるほど尿が膀胱に溜まっていなくてもトイレに行きたくなったりします。そして頻尿が気になり、月経痛がある、下腹部にしこりのようなものがある、などの症状があるときは婦人系の病気が原因となっているケースが一般的です。

また、膀胱炎も頻尿の原因となります。体が必要とする水分を摂取しなかったり、トイレを長い時間我慢する等の習慣がある人は比較的膀胱炎になりやすいといえるでしょう。

特に女性は男性に比べて膀胱炎になりやすいため、そのような習慣がある人は注意が必要です。さらに最近、若い女性に多い頻尿の原因として挙げられるのが、ストレスです。ストレスも十分頻尿の原因となり得ますので、自分に合ったストレス解消を取り入れましょう。




頻尿-女性の頻尿お悩み解消!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。